RooTs

体側へのアプローチ Part1

2017年新年のRooTs技術編は体側へのアプローチ。 身体の横はくすぐったいですね・・・。   なぜくすぐったいのか?   それは神経が集中している部分だから? 緊張から身体が異常に反応してしまうから? くすぐりポイントだから?   触られ慣れていないところであるがゆえに、余計にくすぐったいのも現状だと思います。 そんな触られ慣れていないところへアプローチする事でどのような変化が身体に起こるのか、どのような変化を起こすことができるのか?   そんな視点でも体側へのアプローチのテクニックを紹介させていただきました。 そして、くすぐったいと言うことは、実は身体が悲鳴をあげている証拠だったりするのです。   筋肉・筋膜の関係から、経絡との関連を診てみると面白いことが視えてくる、その関連に肋骨の動きと呼吸の関連を加えると体側では、身体の前後のバランスを取っていると言うことにも気がつくとのです。   体側の担う役割って実はとても重要なのです。 呼吸にしても 身体のバランスにしても 運動をするにしても   などという座学は少しにして 触ってみる! やってみる!!   先ずは、ほんの少しのコツと視点で患者さんをコントロールするのが簡単になる、そして手の使い方が変わります。 治療家としての手の使い方のコツです。   体側といってもどこを触られるとくすぐったくて どこを触られるとくすぐったくないのか?!   意識して施術してみて、施術されてみて気がつくことがたくさんあると思います。   そして、今回の体側へのアプローチで一番伝えたかったことは、肋骨を上手に使うと前後からのアプローチでは絶対にできないアプローチができると言うことです。   反対側から椎骨を動かされる感覚。 感じたことのない感覚だと思います。   肋骨を使って反対側から椎骨を動かす。 これって身体の中ですごいことが起こっているのです。   しかも意識してできる治療家を僕はみたことがないです。 そんなテクニックをシェアすることができた新春RooTs技術編でした。   2017年もどうぞ宜しくお願いします。   えじり    

お・け・つ・の整体 Part2

何かと整体の技術を難しく考えがちなこの業界。技はシンプルで安全に、尚且つお客さん(患者さん )に感動してもらう様な成果を上げる。 ほしのの整体の中から今回は、おけつの整体。 症状改善を追究してきたわたしが、スタイルを変化させる事にこだわり、お尻の可能性を伝える講義を2ヶ月に渡りさせて頂きました。 技はシンプルに効果は大きく! 学ぶ側も手応えが無くては面白くないですよね 前月の講義で持ち帰った事を、すぐ実践して、成果をシェア。患者さん(お客さん)から面白いくらいフィードバック聞いて、うなずいてみたり、そんな事があるんですねって思ってみたり、ナマの声です。そこがまた皆と学ぶいい所なんです。 シンプルにも弱点があるんですね。 誰にでも出来そうって思われちゃう事が弱点。しかし、誰にでも出来そうで誰にでも出来ない、プロの部分があるんです。 それが 「触れる」「捉える」「掴む」 ナンパな技に負けない、硬派な技のキメ細やかさが出来てプロの整体師。 こと整体の事になると熱っぽくなってしまうわたしですが、皆さんの、学びながら眼つきの変わりゆく瞬間が堪らなかったです。 ついつい時間オーバーしてしまいました。 靭帯、筋肉、関節をリリースしての効果。 神経促通をどう捉えて効果を与えるのか。 重なり合う筋肉をアプローチする為の胴作り、手作り、患者さんとの間合い。 僕はプロとして大切にしています。 今回は徹底的に手技に拘った講座でした。整体の本質を体感できる講座であったと感じていただけたら嬉しいです。ご静聴ありがとうございます。 最後に… ほしのの考えるおけつとは何か? 「おけつは顔」です 以上です。 ほしの

Dojo

アサノー先生の窓ビヨンド

2月の先輩の窓スピーカー担当させていただきました。 30分間ありがとうございました!     開業直前の話にしようか、もっと前の雇われ整体師のときのことを話そうか迷ったのですが、雇われ整体師時代に無意識の内に自分の中で「開業なんて絶対できない考え方」を作り出していたこと、これを崩すのが結構大変だったし、崩すために色々な人の助けを借りて今に至っていたことを思い出して、そのときの事について話すことにしました。     いざ開業!というときに周りで理解してもらえる環境を作っておくとものすごくスムーズにいけるのでそこは凄く重要だなぁと今でも思っています。     そして思い起こせば去年のセラピストの窓を担当させていただいた後の自分の変化、あれって一体何だったんだろう?という事が気になっていて。やっぱり今回もありました。自分の中でなにか激ってくるような、新たな目標がフワッと頭の中に浮かんでくるような感じ。     人前で話すことって不思議な体験なんだなあと。いろんな仲間が、感じたこと思ったことを僕に伝えてくれたこともそうです。     先輩の窓ビヨンドということで、ビヨンド、前回の内容を上回るものを!とのリクエストでしたが、果たして前回を超えられたかというと・・ううっ・・次回につなげていきます!     聴いていただき、質問、感想なども本当にありがとうございました。   アサノー      

本気の雫

ザッツ レスラー!!

昨日の爆風から、打って変わり晴天のFTA御前崎BASEです。   こんにちは、管理人の鈴木暁光です。     2月19日(日)は、FTA恒例(第三日曜日)のDoJo&RooTsの日でした。   午前は、スクール卒業生の生涯研磨・きほんのきほんのきほんの基本、 「初心忘る べからず」のDoJoでした。     毎月スピーカーを決め皆の前で話す「先輩の窓」シーズン2ビヨンドは、 独特の色を持ち、愛されキャラな「名古屋からだ工房Sara」院長アサノ~さんでした。   皆の前で伝える・シェアする・・・ガチな時間。。。ありがとうございました。     午後のRooTs、 今月はスペシャルRooTsということで、 東京ソレシカ古藤先生に登場して頂き、春一番を吹かせて貰いました。     6年前大阪での「スタイルマスター」セミナーでの出会いから、 ボクの中では勝手にこの日を描いておりました。   お互いがマニアック過ぎる、寝ても覚めても「好きなもの」って共通点がありまして、 呼び合って探しあって、出会ったような感覚です。     突っ張って~突っ張って~! 尖がって~尖がって~!!! ・・・・・・の時を経て、ボクも温和なオジサンになってきました。   だから、コト―ちゃんの6年前のマイクパフォーマンスに。。。「ニヤリ」とね。   コト―ちゃん(年上だから許してね)を見ていると、 癒される景色と荒々しい景色が浮かんでくる。   闘いとは?!   成長とは?!   破壊とは?!   夢を描くとは?!   信念とは?!   愛とは?!       『道は、開ける』この言葉が、コト―ちゃんの生き様ように映った。   ボブディランの歌が聴こえてきたよ。       人生とは、長編のエンターテーメント   友情は、アナログなガチンコ   俺たちゃROCK UP     風の歌を歌い続けようね。   可愛い可愛い愛すべき友  、   『答え』は、風に吹かれている。     素晴らしい講義143をありがとうございました。              

初春 FTA DoJo&RooTs

日本列島大寒波の1月15日(日)、 FTA2017年初DoJo&RooTsでした。   前入り打ち合わせで時間調整してくれた講師(江尻・中村・星野先生)の方々、 ありがとうございました。昨年のベストサポート大賞のアサノ~さん、 ムードメーカー加藤さんも前入り協力ありがとうございました。   この日の私のお役目は、 RooTsスタート時のショートショート座学と、 FS1-GPの監修+審査委員長。   ショートショート座学では、 2017年を占い「挑む!!」ということで、 皆さんの脳とハートへの指針をお話しました。 「ワクワク」や「やらねば!」「やるぞ!」が、 寒さと共にギュッと沁み込んでくれたのではと感じております。     そして、   毎年恒例(年一回)のFS1-GP。   今年は「どんなお題目にも対応できる+プロとしての姿」をテーマに、 スクールで学んだ技術は一切使用しない!というルールで、 全て「応用問題」とさせて頂きました。   開業していなくても一円でもお金を頂いたら、それは「プロ」です。   プロはプロらしく・・・・と。   肝が縮み上がる・肝が揺さぶられる・肝が据わる、 プロである「肝」がジャッジされました。   後輩に敗けてしまった儲かってる先輩たちが、 悔し涙?で無念な表情をする。   運よく勝ち上がってしまい、崖っぷちでの勝負を強いられた人も、 其々の「技」「意識」「姿」が垣間見れました。   真剣勝負に寒さも忘れて、心が躍りました。     一味も二味も・・・・・、 そして至極の味を表現できる「治療家・セラピスト」であれ!   ありきたりの治療家になるな!   いい塩梅の環境に胡坐をかくな!   60点の幕の内弁当でいるな!   自分の歩んできた道を皆にシェアしながら、   もっともっと大きく、心豊かな治療家になろう。   「技」とは「人」なのです。   技磨き・人磨き・・・ナイスな皆さんを、 今年も御前崎BASEは応援しています。   2月度はスペシャルRooTs・・・東のあの方が登場です。   暁光              

Top