You are here
Home > 本気の雫

ザッツ レスラー!!

昨日の爆風から、打って変わり晴天のFTA御前崎BASEです。   こんにちは、管理人の鈴木暁光です。     2月19日(日)は、FTA恒例(第三日曜日)のDoJo&RooTsの日でした。   午前は、スクール卒業生の生涯研磨・きほんのきほんのきほんの基本、 「初心忘る べからず」のDoJoでした。     毎月スピーカーを決め皆の前で話す「先輩の窓」シーズン2ビヨンドは、 独特の色を持ち、愛されキャラな「名古屋からだ工房Sara」院長アサノ~さんでした。   皆の前で伝える・シェアする・・・ガチな時間。。。ありがとうございました。     午後のRooTs、 今月はスペシャルRooTsということで、 東京ソレシカ古藤先生に登場して頂き、春一番を吹かせて貰いました。     6年前大阪での「スタイルマスター」セミナーでの出会いから、 ボクの中では勝手にこの日を描いておりました。   お互いがマニアック過ぎる、寝ても覚めても「好きなもの」って共通点がありまして、 呼び合って探しあって、出会ったような感覚です。     突っ張って~突っ張って~! 尖がって~尖がって~!!! ・・・・・・の時を経て、ボクも温和なオジサンになってきました。   だから、コト―ちゃんの6年前のマイクパフォーマンスに。。。「ニヤリ」とね。   コト―ちゃん(年上だから許してね)を見ていると、 癒される景色と荒々しい景色が浮かんでくる。   闘いとは?!   成長とは?!   破壊とは?!   夢を描くとは?!   信念とは?!   愛とは?!       『道は、開ける』この言葉が、コト―ちゃんの生き様ように映った。   ボブディランの歌が聴こえてきたよ。       人生とは、長編のエンターテーメント   友情は、アナログなガチンコ   俺たちゃROCK UP     風の歌を歌い続けようね。   可愛い可愛い愛すべき友  、   『答え』は、風に吹かれている。     素晴らしい講義143をありがとうございました。              

初春 FTA DoJo&RooTs

日本列島大寒波の1月15日(日)、 FTA2017年初DoJo&RooTsでした。   前入り打ち合わせで時間調整してくれた講師(江尻・中村・星野先生)の方々、 ありがとうございました。昨年のベストサポート大賞のアサノ~さん、 ムードメーカー加藤さんも前入り協力ありがとうございました。   この日の私のお役目は、 RooTsスタート時のショートショート座学と、 FS1-GPの監修+審査委員長。   ショートショート座学では、 2017年を占い「挑む!!」ということで、 皆さんの脳とハートへの指針をお話しました。 「ワクワク」や「やらねば!」「やるぞ!」が、 寒さと共にギュッと沁み込んでくれたのではと感じております。     そして、   毎年恒例(年一回)のFS1-GP。   今年は「どんなお題目にも対応できる+プロとしての姿」をテーマに、 スクールで学んだ技術は一切使用しない!というルールで、 全て「応用問題」とさせて頂きました。   開業していなくても一円でもお金を頂いたら、それは「プロ」です。   プロはプロらしく・・・・と。   肝が縮み上がる・肝が揺さぶられる・肝が据わる、 プロである「肝」がジャッジされました。   後輩に敗けてしまった儲かってる先輩たちが、 悔し涙?で無念な表情をする。   運よく勝ち上がってしまい、崖っぷちでの勝負を強いられた人も、 其々の「技」「意識」「姿」が垣間見れました。   真剣勝負に寒さも忘れて、心が躍りました。     一味も二味も・・・・・、 そして至極の味を表現できる「治療家・セラピスト」であれ!   ありきたりの治療家になるな!   いい塩梅の環境に胡坐をかくな!   60点の幕の内弁当でいるな!   自分の歩んできた道を皆にシェアしながら、   もっともっと大きく、心豊かな治療家になろう。   「技」とは「人」なのです。   技磨き・人磨き・・・ナイスな皆さんを、 今年も御前崎BASEは応援しています。   2月度はスペシャルRooTs・・・東のあの方が登場です。   暁光              

RooTs塾レポート

11月20日RooTs座学のレポートです。 今月は座学の後に、 濃厚な実技「星野先生スペシャル」が控えていたので、 先ずは、海と富士山の見える良い天気の中のこの場所で、 四年ぶりのハワイに行って来れたことと、 SUP運動会チームフミユでエントリー参加してくれたことなど報告&御礼を。 イベントは、チーム力を高めますね。 チームと言っても、ここに集まる皆は組織や利害関係で成し遂げるのではなく、 其々の個性や能力で勝負する! そんな一匹狼たちが強い絆を持つ!これが大事で貴重なことである。 個々の力が連動し、相乗効果でパワーアップして、磨き合う。 これこそ本当のコラボレーションである。 ☆同じく結束イベントでもある!四年ぶりの「X'masパーティー」 12月RooTsのアフターでやりますよ~。 ☆来年からスタートするセミナー、 そして「ブラマケ」セミナー・Xファイル、Xブッタ、Xボックスなど、 サラッと案内させて頂いて、この企画を考える私自身が一番ウキウキしているのである。 ハワイに行けたことも、来年からのことも、 今の自分自身にかなり高いハードルを掲げたことだが、 交わる人達と自分のステージアップを誓いながら、 お互いの成長を分かち合いたい。 この日一番届けたかったメッセージは、 「居心地のいい場所に成長も進化もない! あるのは怠惰な衰えと能力の低下だけだ!!」というお話でした。 言うは易し、行うは中々大変なのよ~。 さてさて、御礼の日本一手ぬぐいは気に入って貰えたかな? 静岡県人は「日本一の山」富士山が大好きなのである!! 暁光

男前女子がオンナになった日「シドー効果」

フミユセラピストアカデミー(FTA)では、 毎月第三日曜日に卒業生のための生涯学習・研磨の場DoJo&臨床治療家塾RooTsを開催しています。 今月は、 大阪心斎橋からシドー小池先生をお招きしてのスペシャルRooTsでした。   ※DoJo&RooTs講義内容は、フミユHPにてご紹介させて頂きます。   私の大好きなシドー先生。   ファーストインプレッションで、好きになりました。 彼と話せば話すほど、 彼のアイデンティティそのものを語れば語るほど、 私の胸が熱くなり、懐かしさと興奮と温かさに包まれる自分がいて、 お恥ずかしくも目に、、、でした。 シドー先生から、いくつかの毒舌もニタリと笑顔で出てきました。 「どう魅せるか?」 まず、「どう見られたいか?」 もっと言ったら、 「どう観られるべきか?」 の骨組みが全く決まっていない人が多くて、ちゃんちゃらおかしい!     FBに成果や結果を見せるならOK。   努力の途中を見せるなよ〜!小っ恥ずかしい!、、、。     これ大賛成!同感!、両手を掴んで握手とハグしたいね。     シドー小池先生、私と同じ遺伝子を持って生まれてきて、 出会って、今日ここで話してくれたんだね。 ブラボー  シドー ‼︎ とにかく素晴らしい内容のセミナーだった。   何より証拠に、 このブログタイトルのとおり、、、私の女弟子は男前で有名なんだけど、 キラキラ目を輝かせてシドー先生を見つめる姿がオンナらしくて可愛かった(笑)。 オトコもオンナも惚れる「日本の宝」 Black Magic sweet  angel シドー LOVE&Thank you        

人生の羅針盤

9月18日(日)、 二か月ぶりのFTA  DoJo&RooTs。   あいにくの天気でしたが同志が集結すると、 そんなことは全く気にならなくなるのがマンパワーという エネルギーだっ!!と、強く感じている鈴木暁光です。   リハビリ中の僕は、 午前中の「離れ孤島」で、少しだけ技術チェックを・・・。   自分で言うのもなんですが、 今も僕の身体は、重症です(笑)。   こんな僕が動物的本能で、 感じる・快・不快・有効・無効・悪効もフィードバックを。   型崩れは目を閉じていても解る!   気持ちが入っていないのは、顔つきを見れば解る! 「離れ孤島」は、秒殺で整える!! マンネリに喝!修整+深堀り!の島である。   午後の座学は、 今まで僕がやってきたことイチローやタイガーウッズも やってきたこと、 其々に考えて貰いながら進めていきました。   日常・人生には「成功阻害要因」が沢山あるし、 それはそれでまた楽しみもあるが、   ゆっくりゆっくり「成功」するより、 出来るだけ『最短』で気持ち良く、「成功」したいものである。   「成功」とは、 小さな成功を掲げて、達成し続けること。   その道中を大人としても、人間としても、 子供や後進に伝えることが出来るというものです。     得てして現代の大人は、 子供に向かって「早く!早く!」 「ちゃんとしなさい!」 「最後まで、しっかりやりなさい!!」などと、 全く具体性のない、工夫のない言葉しかなげ掛けられない。   それは取りも直さず、その親自身が目標もなく、 夢もなく、チャレンジすることもなく、 日常に忙殺されているからだ。   そんな大人の言葉・行動に、人は響くだろうか?   最後に本日の格言、 『言い訳は、いつも偉大である!!』(笑) 暁 光      

アメリカンホラー口コミホテル

7月17日(日)ど暑い中、御前崎Baseに人が集まり、月一回のプロとプロのタマゴのスパーリングと研磨の時間。   それにしても、暑かったぁ〜!   内容よりも、暑かった〜!、、、 いえいえ!そんなことはありません。 「内容」こそが、ヒートアップだったのです。 この日の座学テーマ「口コミ」の話。   「口コミ」というポジティブで、しかも無料という善玉キーワードが、案外⁈いや!おそらくこれからは「ショッカー」悪玉ホラーというなる可能性が、、、、。   口コミネガティブワールド、口コミという誰もが信用する、そして商売人は挙って、これを欲しがる。 そんなツールに問題提起致しました。   特に今後どんな業界でも、 この「口コミ」という法則が形を変えてくる。名前は同じでも、20年前の口コミと5年後の口コミ、次世代の「口コミ」は、全く異なるものになる。   40年前、 バブルの遥か前、ディスコでレコードをかけて「ハ〜イ〜!次の曲は〜」なんて喋っている人がいた。 それをその時代は、DJと呼んだ。 ラジオのパーソナリティーもDJと呼ばれていた。 ここから、みのもんたも久米宏も生まれた。 今のDJの概念から、想像出来るだろうか? DJという言葉は同じでも、定義付けもスタイルも概念もイメージも、事実も全て異なっている。 DJ.Kooとみのもんたが同じジャンルとはみえないし、言えない。   口コミも、これと全く同じことが既に起こり始めている。 感度のいい人は、気づいているだろう、、、、。   という恐怖の話を、更に深く切り込んでさせて頂きました。   そのために、どうするか?   1.○○する 2.××××× 3.△△△△△ でしたね。まあ、これだけじゃダメなんだけど、、、、、先ずは、これからかね!というお話でした。   まだまだ口コミの信頼に頼って商売している人、それはそれで僕は否定はしません。 僕は、そういう「万全なもの」「安泰なもの」「安定政権のもの」に、ついつい悪口や突っ込みを入れたくなる歪んだ性格なだけです。 お気になさらず。   ただ僕の弟子たちの前で、話したまでです。 暑い!熱い〜!日曜日のホラーでした。   フミユセラピストアカデミー 代表       鈴木 暁光                    

口コミは、ヒール!!

5月の臨床治療家塾 RooTs座学のレポートです。   我々の業界に限らず、商売には新規のお客さんと、 リピートしてくれるお客さんと、根強いファンがいます。   そして、 リピーターやファンの方から信頼の上に『口コミ』がおきる。   『口コミ』には、2つの大きなメリットがあります。   1.広告宣伝費がゼロ(有難いことです)   2.ファンの方の紹介なので、変な人が来ない(有難いことです)   『口コミ』万歳~!!・・・・が今までの姿でした。     あなたのお店は、いかがでしょう?   「いやぁ~、おかげ様で口コミ来客の方が圧倒的に多いです。」   それは理想的ですね。。。あと5年で閉店する気ならね(苦笑)。   でも、まだ10年20年30年と将来があるなら、 『口コミ』集客はヤバイ!ですぞ。非常に危険!ですぞ!!   『口コミ』というベビーフェイスを、敢えて!敢えて! 「ヒール」として捉えてみると、 非常に面白い現代人のコミュニケーションの形、 SNSな関係、犬より猫ブーム(猫型コミュニケーション) ・・・・・・・そうそうこの時代、 コテコテのアナログな口コミ、 「あんた、是非あそこに行ってごらんよ。とてもいいから」 「ねえねえ~、行ってみた?まだなの?是非・・・・」 ・・・・っていう口コミパフォーマーは、うざがられる。   あんたに言われなくても、ネットで調べられる。   Siriに聞く・・・・・。   残念ながらこういう気風になってきている。   情報を得るために、そこに「温度」は必要とされなくなってきている。   あと3年で間違いなく『口コミ』は、消滅する。   そう、、、、あのテラノザウルスのように。   つまり『口コミ』に頼っているあなたも絶滅する。     ・・・・・という怖い座学でした。   次回は、   新しい『口コミ」のあり方、 新しい『口コミ」の道標となる『術』を話したいと思っています。   暁光          

雨の日曜日 レポート

今月(4月17日)も260度オーシャンビューの御前崎BASEで、 フミユセラピストアカデミー(FTA)の DoJ0&RooTsが行われました。   この日は珍しく雨。   「外は雨でも、心は晴れよっ!」の精神で、 ガッツリ始まりました。   今回の私の座学の大半は、皆さんとのひな壇トーク、 僕は「さんま」の役目(笑)。   宿題   ①治療院レポート4名 ②HPからの新規集客への改善&トライ3名 の発表をして貰いました。   いやぁ~色々個性的なレポート発表で、楽しかったです。   「テーマを絞り込む」 そして、何人かに「体験」して貰い→プレゼン→シェア、   こんな生きた勉強は、なかなか出来ない。   宿題発表の方、ご協力ありがとうございました。     『収入の差は、〇〇の差』『〇〇の差は、〇〇の差』   これが私の治療家・職人としての魂の叫びである。     この本質が分かれば、   年商何千万!一回の施術何万円!のノウハウ。。。。   という、インチキノウハウ・キャッチコピーにクリックをして、 セミナーを申し込んでしまう治療家やセラピストがゼロになり、 世の中のへったくれコンサルタントは、 御飯の食い上げになる!     これからの僕のミッションは、   この辺かな・・・・・・・・・・・ムフフ。   では、〇〇とは何か?!よ~く考えてみましょう。   盛り沢山の新規集客ノウハウをやる予定で準備しておいたのですが、 又しても「やり方」よりも、 「あり方」に時間を費やしてしまい、 「やり方」は来月、5月に持越しとなりました。 チャン!チャン!! 暁光          

春は、カラダが緩みます。

3月20日(日)臨床治療家塾RooTs「本気の雫」 レポート更新します。   これは、あくまでレポートなのでその時に話した内容 (理論・ノウハウ)はさて置き、 感情面を中心に書いていきたいと思います。   タイトルは「50%:50%」の法則。   人は二種類のモチベーションで、大きく動きます。   逆に言うと、動かされます。   それは「夢モチベーション」と、「恐怖モチベーション」。   ワクワクや夢を提示されると、人は行動したり、 購入したり、契約したくなるものです。   反対に「こんなになったら困るでしょ?!」 「死にますよ!」などの恐怖で、人は慄き行動する。   この手で詐欺に掛かったり、 欲しくもないモノを購入してみたり、 白アリ業者を呼んでしまったり・・・・etc.   ・・・・・ということで、 もちろん今回座学は「詐欺」ではありません(苦笑)。   長年の経験則として、 「恐怖のモチベーション」を与えました。   特に順調にいっているベテラン勢の皆さんにです。   おかげ様で私の弟子たちは、 皆リピーターやファンが多く、 新規クライアントも安定的にあり、 どこから見ても安全圏、ロングセラーな人が多いのですが、   ただ、、、、私から見れば、これが一番危ういよ!!と。   どんなに実力があっても、 オーラがあっても、危ういよ!!と。     だってみんな上手くいってる人ほど、 90%:10%なんです。(データを聞いてみました)   これを50%:50%に!今!すぐ!!   上手くいってる内に、修正しないと危ういよ!と。   ・・・・・・・・という3月座学でした。   ついつい我々は、自分の命も健康も愛も親も、 ずっ~とずっ~とそのままあり続けると思ってしまう。   今日は今日であって、明日ではないのだ! そして、 明日は明日で、今日ではない!『今』なのだ!   春は、カラダが緩みます。 「気」ぐらい引き締めたいものです。   上手くいっている最中に、 あがいて あがいて あがき抜いて未来を変える。   私が提案している『きっかけ革命』とは、 そんなことなのである。 暁光  

とっておきの日曜日

毎月第三日曜日、 FTA(フミユセラピストアカデミー)卒業生のためのDoJo、 臨床治療家塾RooTsの日。 私のライフワークの中の一つで、かれこれ十数年続いています。   今月の私の座学では、「4つの窓」という話をさせて貰いました。 今どきインターネットで調べれば、 丁寧に色々教えてくれる時代ですが、 face to face・時間と場の共有でなければ伝わらない、 沁みない、気付けないところのミソ中のミソを・・・・・・。   一人では何も出来ない今のボクを、支えて応援してくれている人たちに、 今のボクが出来る精一杯の恩返しとエールです。   お金欲しい!人気者なりたい!繁盛したい! ・・・・・・・やり方がわからない!! そんな望みや、悩みや不安や焦りがあるんでしょ? 「教えて下さい!」「ハイ!教えます!!」 そんなビジネス多いでしょ?!(苦笑) FTAでは・・・・、まずは技術を習得して頂きながら、 FTAイズムの伝承させて頂き、 『人に感謝され、喜ばれ、尊敬され、繁盛する』 幸せなお金を流通させましょう!ってね。   そのためには、 先ずは「個」の成長・「己」の成長・人磨き。 そして、 何より根っこの根っこに、 「先輩の窓」で星野先生が熱く語ってくれた気持ちがあること。 そして、習ったこと・学んだことを素直に即実行する。 更に大事なこと! いいですか?いいですか! フィードバックする! 必ずフィードバックが大事です。   整体・技という無形のものを提供する我々は、 そこにどれだけの『価値』を生み出せるか?・・・なんでね。 熱く、熱く、熱苦しく語ってしまった・・・・。   そして最後に、 これ自分で言っちゃダメなんだけど、ここだけの話お許しを。 DoJoにしろ、RooTsという勉強会にしろ、 辺境の地 陸の孤島 でやっているわりには、 実はもの凄くレベルの高い濃い内容・濃い練習・ パンチの効いたエクササイズの場なんです。   こんな所に強烈な個性と、極端に信用できる仲間、 そして「アート」である「技術」 一カ月ごとにアップデートされるノウハウ。 我ながら、こりゃ凄いな!と思った一日でした。   追伸 それにしても午前中の星野先生の講義から始まり、 午後のヒロ先生、 終了前の師範代の〆の言葉、 今月もエンターテーメントのトータルパッケージでした。 暁光          

Top